外壁塗装ランキング

外壁塗装ランキング

外壁塗装業者の外壁塗装サイトのランキング紹介です。
1つの業者より複数の外壁塗装業者に見積もりを出してもらった方が絶対に安心です。
絶対に飛び込みの業者などにはお願いしない方がいいでしょう。

 

外壁塗装ランキング

 

ヌリカエ

 


>>>外壁塗装の相場チェック【ヌリカエ】

 

 

 

リショップナビ

 


>>>全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

 

 

 

 

外壁塗装の駆け込み寺

 


>>>【外壁塗装の駆け込み寺】

 

 

 

外壁塗装の案内所

 


>>>【外壁塗装の案内所】

 

 

 

 

外壁塗装の匠

 


>>>【外壁塗装の匠】

 

 

 

 

 

外壁塗装のペンキ王

 


>>>戸建の外壁塗装なら【ペンキ王】

 

 

 

 

外壁塗装の見積もりについて

外壁塗装ランキング

 

新築から約10年ほどで外壁塗装を考えなければならない事態が出てきます。
外壁塗装の見積もりは考えてもパッとは思い浮かばないことでしょう。

 

業者によって値段は異なりますが、見積もりに関わっている項目は主に足場約800円〜・高圧洗浄約300円〜・散布防止ネットやマスキングテープ約150円〜・下地補修約17、000円〜・下塗り約600円〜・外壁塗装約1、000円〜(他にもアクリル・シリコン・フッ素がありますが値段は異なります)に必要な範囲(u)を計算します。

 

坪数とuの計算の方法をご紹介します。
例としまして30坪=約90uで坪数を割り出す場合は坪数÷0.3025uで計算します。
1u=0.3025uとし、uを坪にする場合はu×0.3025=坪数でわかります。

 

計算で安すぎても高すぎても安易に判断するのではなく、口コミや紹介などを上手く利用しいくつかの業者に見積もりを出してもらい比較する事で失敗や後悔を無くす事にも繋がります。今ではネットからでも外壁塗装の見積もりをシミュレーションできます。

 

外壁リフォームの周期について

 

外壁塗装ランキング

 

天気のいい日に、日の当たる場所に置いた車の中は40度を超えることもあるといいますが、同様に、住宅の中はエアコンで快適でも、屋根や外壁など、屋外に接している部分は、自然環境から中の人やペットを快適な環境で守ってくれています。

 

その為、外壁リフォームは、平均的には10?15年程度の周期で施工をすると、建物全体を長持ちさせることができますが、最近は日本全国に限らず、世界的にも地震活動が活発になっています。
また、猛暑や豪雨なども、”100年に1度”とか”想定外”という形容詞がつく極端な天候も多いので、日陰に隠れることができない住宅への負荷も、設計されたときの想定を超える場合が考えられます。

 

そのため、外壁リフォームは、周期やサイクルにとらわれるよりも、実際の状態を検査して決めることが大切です。
外壁リフォームの際は足場を組むので、屋根を同時に行ったり、建築時期が近い隣家を誘って同時に施行することができれば、足場代の節約になります。

 

外壁塗装の相場について

外壁塗装ランキング

外壁塗装の費用や価格が不透明な場合が多く、業者に頼みたい方や見積を取っても適正価格なのかわからない方が多くいらっしゃるかと思います。
そこで悪徳業者に騙されないように価格相場をご紹介させていただきたいと思います。
まずはじめに、家の状態などにより価格は前後するのであくまでも目安としてご参考してください。

 

外壁塗装にはアクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系、断熱塗料、光触媒塗料等があり違います。
すべて15坪の場合として、アクリル系では約65万円、ウレタン系では69万円、シリコン系では75万円、フッ素系では87万円、断熱塗料では96万円、光触媒塗料では105万円と値段がだいぶ違ってきます。

 

これは住宅の1階の坪数なので、2階があれば更に高くなります。
塗料の種類によりグレードや耐久性、そこに業者の工費などがプラスされた価格が相場になります。
外壁塗装はやり直しが出来ず失敗が出来ないので、安すぎても危険です。
なので信頼の出来る業者に依頼をするようにしましょう。

 

外壁の貼り替えをしますか?

外壁塗装ランキング

一般住宅のリフォームと言えば、建物の外部面については屋根の防水工事と外壁の塗り替えがメインになるかと思います。
住宅内部では、クロスやフローリングの張替えから、システムキッチンやユニットバスの入れ替えが大きなリフォームになるかと思います。

 

外部の外壁のリフォームで考えますと、外壁の仕上げ 素材によってリフォームの内容も大きく変わってきます。
昔よりある板張りであれば、板への塗装若しくは壁板の貼り替え、少し古い戸建てではモルタルの上に塗装仕上げですので、塗装を重ねるか、サイディングや板張りなども行う事ができます。

 

最近の住宅で多い、サイディングや金属パネルであれば、塗装を重ねたり、シーリングの打ち替えだけにする事も出来ますし、壁材の貼り替えを行う事も出来ます。
しかしながら、サイディングや金属パネル自体の耐久性も充分ありますので、通常であれば壁材の貼り替えを、行う必要もなく、定期的に塗り替えなどを行う事で建物を守る事ができます。

 

外壁塗装の重要性と業者選びの注意点

外壁塗装ランキング

一戸建ては、マンションとは違い、全て自分でメンテナンスをしなければいけません。
メンテナンスを怠ると、大切な一戸建てを傷めることになり、建物の寿命を縮めることになります。

 

マイホームに少しでも長く暮すためにも、定期的なメンテナンスが必要です。
一戸建てのメンテナンスで多いのが、外壁塗装です。

 

外壁は、雨や風に晒され続けているので、一戸建ての中で最も傷みやすい部分です。
痛みを放置しておくと、外壁にヒビが入ってしまい、そのヒビから建物内部にまで雨水が入り込みます。

 

外壁に異常が発生したら、外壁塗装のリフォームをしましょう。
外壁塗装のリフォームは、業者選びが大切です。

 

技術力のない業者、法外な料金を請求する業者など、悪徳業者も少なくないので、慎重に選ぶようにしてください。
良い外壁塗装の業者を選ぶためには、いくつかの業者から見積もりを取り、比較をすることが大切です。
また、近所に外壁塗装をした人がいるなら、評判を聞いてみると良いでしょう。

 

外壁におけるリフォームの時期

外壁塗装ランキング

外壁は経年劣化とともにリフォームをする必要が発生します。リフォームを行う場合には外壁の状態から判断することができますが、それは、使用されている材料によっても違ってきます。

 

外壁にはいくつかの材料が使用されていますが、住宅においては概ね、窯業系サイディング、金属系サイディング、モルタルが多くを占めています。
他の材料も使用される場合もありますが、コストや地域性の面を除けば以上の3種類を代表として上げることができます。

 

まず、時期としてはサッシ廻りや部材との取合部に使用されるシーリングの経年劣化を上げることができます。
シーリングはその追随性においても対候性においても、ほぼ10年程度で効果が無くなってしまうため、ヘアクラックなどから雨水の侵入を許してしまいます。

 

次は外壁面のチョーキングと呼ばれる色飛びです。触れることによって手に塗装が粉の状態でついてくるために専門家でなくても判断出来る症状です。
また、金属サイディングの場合などには腐食による劣化もリフォームの時期となり、サビを確認することによって判断することができます。

 

外壁の塗り替えをする目安

外壁塗装ランキング

外壁には薄いシリコンやアクリルの塗料が塗られており雨や直射日光から壁を守る役割をしています。
この塗膜が経年劣化で縮んだり、ひび割れが起こると中に雨水が入り込んで外壁材などに腐食が起こり建物自体を傷めてしまう原因になります。

 

ひび割れなどを発見した場合はすぐに塗り替えをする必要があります。
劣化した塗料が白い粉のように剥がれ落ちるようになった状態も塗り替えをする時期の目安になります。

 

塗膜には耐用年数があり価格の高いものほど持ちがよくなりますが、新築の場合価格を抑えるために安い物を使用していることが多いため5年から8年ほどで寿命を迎えます。
風通しや直射日光の当たり具合などでも耐用年数は変わってきます。

 

塗料は耐久性の良いものでも15年程しか持たないため、家を建てた場合には取り壊すまでの間に定期的に2,3回の塗り替えが必要になります。
塗り替えを行うことで、外壁の耐久性は強くなり見た目も美しい状態を保つことが可能です。

 

外壁塗装にかかる費用を抑えるためには業者に依頼しよう

外壁塗装ランキング

現在であれば、日曜大工の一環として外壁塗装を自分でやるというものがありますがやめておいたほうがいいです。
普段から肉体労働をしている人ならばいいですが、体を動かす習慣がない人がやると疲労が蓄積して日常生活にも支障をきたすことになりかねませんし、外壁塗装は一日では終わらないものです。

 

いろいろな費用がかかってしまう結果になりますので、無理をせず業者に依頼したほうがいいです。
ただ依頼するだけではいけません。

 

費用を抑えるためにも、まず最初にやることは見積もりです。
同じ材料を使ったとしても、業者によって費用は異なるものです。少しでも安くするならば数多くの業者の見積もりをとるとよいです。

 

外壁塗装は、毎年ではないにしても定期的に行う必要があります。
保証期間なども比較しながら選べば、理想的な業者に巡りあえるはずです。

 

外壁の広さなどによっても、費用は変わるので細かく確認していくことを忘れてはいけません。
外壁塗装をきちんとすれば、家は長持ちするものです。

 

外壁リフォームの相場は何で決まるのか

外壁塗装ランキング

外壁リフォームにおける相場は使用する塗料の種類と仕上げ方法に加え、壁の総面積に応じても大きく変動する仕組みとなっています。
一般的にはアクリルやウレタン系が安価であり、フッ素系・断熱塗料のように長持ちかつ特殊な塗料を使うほど外壁リフォームに掛かる費用は増加していきます。

 

塗装面積は住宅の建坪によってある程度の計算が可能で、当然ですが住宅は広いほど外周距離も長くなるため、壁の総面積も広くなりやすいといえます。
よって、予め住宅の建坪とそこから算出される壁面積の目安を知っておき、見積もりの段階で相場に適した価格が提示されているかを確認してから外壁リフォームの契約を行うことが重要です。

 

アクリル系塗料と断熱塗料を比較した場合における価格差の目安はおよそ1.5倍程度となりますが、住宅の経年劣化状態次第では塗装の前に補強工事を必要とする例もあるので、担当者と相談しつつ価格の明細を説明してもらうと安心して任せられます。

 

外壁塗装の単価について

外壁塗装ランキング

外壁塗装の単価については使う材料によって当然ながら異なってきます。
一般的には塗装において平米単価いくらと言う形の単価の見積もりになってきます。

 

見積もりにおいて重要な事は、平米単価も大事ですが見積もりの中に含まれている内容について確認をしておくことが必要です。
よくあるトラブルとして、工事後に施工範囲であるとおもっていたが、見積りには入っていないという事例が多くあります。
見積り内容について、工事会社と10分に確認を行っておく必要があります。

 

そういう意味でも外壁塗装も見積もりについては1社だけの見積もりだけではなく、複数の企業からの見積もりを取得し、その見積り内容について違いを確認して比較検討することが望まれます。そうすることで各社の違いがわかるようになり、より適正な金額及び内容について把握することができるからです。

 

外壁塗装においては単価の違いを確認することも大事ですが使う材料の性能や保証期間、特徴などについても確認を行い、一番最適と思われる材料を選定し、施工していくことが大事になります。

 

外壁塗装にかかる値段が気になった時には

外壁塗装ランキング

外壁塗装をする時には数十万円から百万円単位でお金がかかるだけに、値段が気になってしまうものですよね。
しかし、外壁塗装というのは家のメンテナンスに欠かすことができないものであり、外壁塗装の役割が建物の保護のためにあることを考えればこの値段というのは決して高いものではありません。

 

メンテナンスをしなければ、建物が劣化してしまい修繕が必要となってしまえばそれ以上のお金がかかるだけに、長い目で見れば塗装にかかる費用というのは高いものではないのです。

 

そのようにいってもやはり一時的に百万円単位での出費となりますと、その負担は大きなものになってしまいますから大事なことは日頃からしっかりとメンテナンスのために積み立てをしておくことと、できるだけ安く済ますことができる業者選びがポイントとなります。
外壁塗装の見積もりは一括査定を利用することで、金額比較を行うことができやすく済ませることができる業者を簡単に見つけることができます。

 

外壁塗装の材料について

外壁塗装ランキング

住宅の外部面のリフォームにおいて一番大きな費用がかかる工事内容が外壁塗装となります。
10数年に一度の割合でのリフォームを検討する事が一般的とよく言われています。

 

外壁塗装を行う際には、足場といわれる骨組みを家の周りに立てていく必要があります。
現在は鋼製足場が主流ですが、古くは丸太や竹などの足場が利用された時代もあります。

 

外壁塗装についても当然ながら、現在の外壁の仕上げ材質により、塗装する材料(塗装できる材料)も異なりますし、塗装する材料自体が非常に多岐にわたります。
したがって、材料の選定についてはある程度プロにお任せし、仕上げの色彩やデザインなどを発注者が検討するという方が無難ではあります。

 

また、当然ながら使用する材料によりメーカーの保証年数も違いますし、耐久年数も違います。また、作業時における臭いや作業期間も大きく異なってきますし、塗装後に気付く事やトラブルとなる事例もあります。
外壁を塗装する際には、費用面についての検討にとかく執着しがちになりますが、信頼できる工事会社を選ぶ事が肝要です。